不 倫SNS「アシュレイ・マディソン」に賛否 

そ んな異色SNSが6月24日に、日本でサービスを開始した。そのSNSは、カナダの企業が運営する「アシュレイ・マディソン(以下AM)」。カナダ、アメ リカ、イギリス、ドイツ、オーストラリアなど世界27か国で展開中の出会い系サービスで、現在、1900万人以上の男女が会員登録しているという。

  それではこの新SNS、具体的にはどんなシステムなのだろうか。まずは、パソコンやスマホでAMのホームページにアクセスし、会員登録を行なう。登録は無 料で、ユーザーネーム(本名でなくてもよい)や性別、生年月日などを入力する。
 
  フェイスブックやミクシィなどの他のSNSと違うのは、この会員登録の際に、身長、体重、やせ形か筋肉質かなど体型の情報、郵便番号などを登録する必要が あることだ。郵便番号は近くの異性とマッチングする際に使用される。また「既婚者向けSNS」を謳ってはいるものの、独身の人でも登録は可能だ。

  会員登録は2~3分ほどで済むぐらいの簡単なもの。これが終われば、希望の女性の検索ができるようになる。好きなタイプの女性を条件別に検索できる機能も あり、「年齢は30歳から35歳」「身長165センチ以上」、体型は「ぽっちゃり気味」など、細かい検索が可能になる。こうして自分の好みに合う女性を検 索するところまでは、料金は一切かからない。

  検索機能を使用すると、条件に当てはまる女性たちのプロフィールがずらーっと画面上に表示される。全員ではないが、写真を公開している女性も多いため、絞 られた候補の中から、さらに容姿で狙いを絞ることも可能だ。

  こうして理想のタイプの女性が現われたら、いよいよメッセージを送る段階に入るが、それにはサイト内で使用されるポイント「クレジット」が必要だ。最少額 100クレジット4900円から販売される予定(2回目以降は200クレジットから販売)で、メッセージを1通送るのには5クレジットが必要になる。

  このポイントを購入する際はすべてクレジットカードによる決済となる。「それじゃあ、カードの明細書で妻にバレるじゃないか」と心配した方。鋭いが、そこ は不倫専門のSNS。明細書を見ても、請求者がAMとわからないような仕組みも、きちんと整えられている。

  こうして一旦ポイントを購入すれば、メッセージを交換した相手と親しくなれるチャット機能など、更なるサービスが利用できるようになる。中でもユーザーに 特に好評だという機能が「トラベリングマン」だ。この機能は、出張、旅行先の情報を入力すると、旅先周辺で相手を求めている女性たちが一斉にリストアップ され、その日のデートの交渉ができるというスグレモノだ。

 AM 国際部長のレオノーラ・ハイディ氏が語る。

「男 性ユーザーの60%以上がビジネスマンなんですが、大半の方は自分の住んでいる街では不倫はしないんです。ただ、よく行く出張先は決まっている場合が多 く、そこにセックスフレンドをつくるという人はけっこういます。ニューヨークのビジネスマンに、ロンドンやパリ在住のセックスフレンドがいるということが あり得る。そういう人は、自分の地元じゃなければ浮気している罪悪感がないようですね」

な ぜ今、日本なのか?

な ぜ今、不倫専用出会い系サイトが日本に上陸したのか……?
「ア シュレイ・マディソン・ドットコム」の国際部長、レオノーラ・ハイディ氏によると、その理由は、「アジアで次にオープンするならどこがいいかをユーザーへ アンケートした結果、日本という声が圧倒的に多かったんです」とのこと。

な んと、日本人は世界各国から出会いたい! と思われているモテ人種のようです!
な ぜ日本がモテているのかを聞いてみると「日本の女性はもちろん、男性も“口数が少なくてもプロの仕事をする人”というイメージを持たれている」からなのだ とか。

日 本人はプロフェッショナルだというイメージには、あまり納得できませんが、日本人がモテていることは事実!

も ちろん独身女性でもステキな既婚男性を見つけることが可能なので、ぜひこの機会に登録してみては?